ドルコスト平均法は投資における基本中の基本です

ドルコスト平均法で分散して購入するメリット

さて、今までの内容を簡単に読み進めて頂いて、いざ今日から私も投資家デビューとあいなるわけですが、実際購入を行なう時はそのタイミングには大変慎重になる事が多いです。
自分の資金を投下して投資を行っていくわけですからそれは当然です。では多くの他の方はどのようなタイミングで自分の投資判断を行って売買を行っているのでしょうか。

長期分散投資にドルコスト平均法の考え方は大変重要

ドルコスト平均法という考え方は投資を行っている方なら一度は必ず聞く事のある投資方法です。投資を初めて間もない方も必ずこのような単語を入門書やマネー雑誌で見る事が多いはずです。
この方法は長期分散投資におけるもっとも基本的な考え方です。
一度に多額の資産を投下するよりも、一定額を毎月買い付ける事により平均単価を下げる事で安定した運用を目指していく考え方です。

変動性の商品を購入する時にはこの方法は大変重要です。
自分では買い時と思って大量の資金を投入して株式は、価格が更に下落した時は大きな損失を計上する事となっていきます。少額を少しづつ積みましていく事で下落の際も損失を減らし、買い付けの単価を下げる事ができるのです。
相場の動きにまだ不慣れな方でチャートだけを目安に投資を行っていきたい方は
まずはこの方法を参考にしていきましょう。

貯蓄に近いイメージの投資を考える方には最適な商品

自分の好きな銘柄を定期的に購入する事は貯蓄の感覚に大変近いものがあります。
自分の多額の資産をリスク性商品に一度に振り分ける事に対して抵抗感のある方はこのような投資方法を考えるのも一つの方法です。

毎月定額を積み立てる事で楽しんで自分の資産を増やしていく事ができるのです。
ドルコスト平均法は株式投資のみに当てはまる投資方法ではありません。
外国為替に興味のある方でも外貨MMF等の高金利通貨でも十分に行える投資方法なのです。

分散投資や、長期投資のスタートとして最も重要な考え方

毎月定額を少額ずつ様々な商品に分散投資を行っていく事で分散投資を行なう事や色々な金融商品がどのような特性を持っているかが大変よく理解できます。
投資の基本的な考えである長期分散投資を行い、リスクヘッジを行っていくにはまずはドルコスト平均法をきちんと学んで売買のタイミングやチャートの分析を行っていきましょう。

外貨MMFの場合は長期保有に伴い、金利のメリットもあります。日本の低金利からは想像もできないような高金利を複利で手に入れる事ができるのです。
自分の投資の幅をどんどん広げていく事が資産運用においては大変重要です。
少額なら損失を出す事があっても挽回可能な場合が大変多いです。投資の世界は100%勝てる訳ではありません。

損失や失敗を最低限に抑えてそこから何を学んでいくかが大変重要です。自分の好きな銘柄をどんどん増やして、資産が増えていく事を自分の人生の楽しみとしていく事は大変重要です。

長く、確実に守り育てていく事が大変重要な投資における考え方です。
賢い投資家になるための努力をどんどん行っていきましょう。